西宮市の点滴・アンチエイジングはみやけ内科まで
HOME>がん予防点滴療法

がん予防点滴療法

しゃぼん玉を飛ばす女性

ビタミンCの抗癌作用は、ビタミンCが体内でフェントン反応により過酸化水素を発生させ、が癌細胞を殺傷することで生じます。は正常細胞も攻撃しますが、正常細胞にはを分解・無毒化するスーパーオキサイドジスムターゼSODとカタラーゼを豊富に持っておりを無毒化してしまいます。癌細胞はこれらの分解酵素を有していないための攻撃にさらされ死滅します。この差を利用したのが、高濃度ビタミンC療法です。
問題はなぜ点滴静注でビタミンCを直接体内に投与しなければならないかです。癌細胞を死滅させる血中濃度は350~400mg/dlで非常に高いものです。
服用による腸管吸収には限界があり、いくらビタミンCを食べたところで血中濃度はmaxで1mg/dlがせいぜいで、これではとても癌細胞殺傷能力は生まれません。どうしても25~75gの大量のビタミンCを短期間に直接に血管中に投与する必要があります。個人差はありますが、この投与方法により初めて350~400mg/dlの濃度が達成されるのです。

この治療法が適している方とは
  • 高濃度ビタンC点滴療法が適応となるのは標準的ガン治療が無効の場合
  • 標準的ガン治療の効果をより確実にする
  • 標準的ガン治療の副作用を少なくする
  • 良好な体調を維持しながら寛解期を延長させる
  • 代替治療としを希望する場合
  • あらゆる癌種に試みるべきです。なぜなら、正常細胞にはほとんど毒性がないからです。
  • 有効な抗ガン剤や放射線治療がある場合は併用を推奨します。
IVC投与の実際

最初はビタミンC25gから点滴を始め、50g、75gと増量します。血液中のビタミンC濃度を測定し、投与するビタミンCの理想的な投与量を決定します。
典型的な例では週に2回の点滴で6ヶ月間継続、その後の経過が良ければ週1回を6ヶ月、さらに2週に1回を1年間、その後は月に1回行います。ビタミンCの量と点滴頻度は病状によって変えていきます。
なお、この治療を続けることにより免疫システムの増強、ガン性疼痛の軽減、食欲の改善や体調の改善が期待できます。

サプリメントではなく点滴を行う理由

サプリメントは胃や腸など消化管での代謝をうけるため、体内での利用率が低く、ビタミンCの血中濃度を一定に保つ事ができません。また、経口で点滴と同量のビタミンCを摂取しようとすると胃に負担がかかるほか、下痢をしてしまいます。
※レモンに換算すると1000個以上に相当します。

両腕を天に伸ばす女性

米国の代替統合医療のクリニックでは定番の点滴療法です。家庭医のジョン・マイヤーズ医師が考案し、アラン・ガビー医師により米国中に広まりました。インフルエンザ、感冒症候群、慢性疲労症候群、偏頭痛、喘息、うつ病、アスリートの運動能力向上など多くの疾患に有効な点滴療法です。
日本ではほとんど知られていませんが、テーラーメイドの点滴の中ではもっともポピュラーな治療法です。
マイヤーズカクテルの基本はマグネシウム、カルシウム、ビタミンB群、ビタミンCといった人間の体の中に存在している栄養素だけを配合し、10~30分で静注します。急速にビタミンやミネラルの血中濃度を上昇させることで薬理学的な効果を期待しています。

マイヤーズカクテルの特徴

環境の汚染や食生活の乱れ、ストレスなど様々な要因により、人体は気づかないうちにダメージを受けながら生活しています。そういった状況の中で、不足しがちなビタミン・ミネラルの補給を怠ると、様々な病気や症状の発生に繋がります。
これらの慢性的に不足しがちである、からだに必要不可欠なビタミン・ミネラルを効果的に体内に取り込むことで、体の機能を整え、様々な疾患に適用します。

マイヤーズカクテルの対象疾患
  • 気管支喘息・偏頭痛発作・慢性疲労症候群・うつ病
  • 生理不順・アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)・全身倦怠・疲労
  • こむら返り
  • 急性上気道炎・慢性副鼻腔炎・心不全・狭心症・慢性蕁麻疹
  • 甲状腺機能亢進症・線維筋痛症
微笑む女性

抗酸化物質の中でも最も強力なグルタチオンは、脳内で絶えず発生する活性酸素を消去して、活性酸素から脳神経細胞を守る極めて大切な役割を担っています。
ここ最近、パーキンソン病では、この大切なグルタチオンが脳内に著明に減少していることが明らかになりました。この事に注目し、南フロリダ大学、カンザス大学など多くの医師がグルタチオン療法を行い、高い有効率が報告されています。この他、がんの化学療法の副作用であるしびれの軽減や、QOLの改善に、また、閉塞性動脈硬化症による下肢の血行障害と歩行障害のある方にも効果があると報告されています。
1回の処方で、高用量還元型グルタチオンと各種ビタミンやミネラルを30分で点滴します。
週に1~2回の点滴でパーキンソン病による歩行障害や振戦に対して有効であり、進行を遅らせます。

グルタチオン点滴の特徴
  • 難病のパーキンソン病に効果
  • 慢性疲労やいわゆる不定愁訴にも
グルタチオン点滴の対象疾患

顔やボディの様々な肌トラブルの他、脱毛にも効果的です。

  • 慢性疲労
  • 線維筋痛症
  • パーキンソン病
  • 気管支喘息
  • 偏頭痛
  • 慢性蕁麻疹
問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。